news

穂高有明にある銀座ワシントン靴店の工場。
昭和10~20年頃の味わいのある美しい建築の建物が
建ち並んでいて 見とれてしまいます。
 ずっとずっと残っていますように。

news

kogageyaさんのコサージュ。
大好きなお店です。お店に一歩足を踏み入れた途端
気持ちの良い香りに包まれます。そして 眼にも
心にもたくさんの栄養で満たされる・・。
ほんとにすばらしい場所。

news

諏訪市の蔵元ショップ セラ真澄で
3/5から3/21まで 古本市が開催されています。
楽しそうなワークショップもあります。

news

さぼれ、さぼれ、今日は気持ちよくさぼってみたまえ。
映画館に行け。脂っこいものを食え。人に迷惑をかけろ。
約束を破れ。変な服を着ろ。大事なものを捨ててしまえ。
帳尻合わせのような2月29日を、
いつもと違う何かでいっぱいにしよう。
______________糸井重里「今日のダーリン」より。

news

ミフィちゃんの切手が出ました。

news

ちらほら見かけるようになりました。
うきうきします。

news

真冬に部屋の中でブンブン音がしています。
みるとそこにはクマンバチ!! どうしてこの時期に
しかも家の中にいるのか最初はまったくわかりませんでした。
しばらく飛び回った後 クマンバチは穴のあいた薪の中へ!!
どうやら そこで冬眠していたらしいのです。
そして暖かくなり春かと思って目覚めたのでしょう。
感心するのがその巣です。2センチほどの穴がその枝に
きれーーいに開けられています。どうやって開けたのでしょう。
アシナガバチとは全く違う巣の作り方におどろきです。
でもまた起きると怖いのでそーっと外に!
春までもうしばらくおやすみなさい・・・。

news

冬期休業をしていてさみしいことはいろいろありますが
そのひとつに 冬に沢山訪れてくれる可愛らしいことりを
みなさんに見て頂けないことがあります。
先日は ルリビタキに出会いました。
雪の真っ白な中に青空より深いブルーのことり・・。
幸せの青い鳥のおはなしを思い出し 青いことりに出会えると
とてもとてもうれしいものです。
春の早い時期はわりと出会うチャンスがあるので
それも楽しみにいらしてください。

写真の本は小川洋子さんの「ことり」。
人間の言葉ははなせないけど 小鳥のさえずりを理解する兄と
兄の言葉を唯一わかる弟の優しく切ないおはなしです。
読んでいると心がしーんとしてきて澄んだ湖のほとりに
座っている気がしてきます。

news

今年も自家製切干大根ができあがりました。
信州の寒く乾燥していて晴れの日が多い気候が
外に大根を吊るして干しておくだけでおいしいものに
仕上げてくれます。

塩昆布あるいはなめたけと合わせて炊き込みご飯に
するのが気に入っています。

news

いいかんじです・・・。

1 27 28 29 30 31 37